白髪染めトリートメントは、色落ちしやすいってほんと?

白髪染めトリートメントは、通常の白髪染めに比べると、どうしても色落ちしやすくなります。通常の白髪染めは、一度キューティクルを開いてそこから奥まで染料を浸透させることで色を付ける一方で、トリートメントの場合はキューティクルを開かず、そこにコーティングするような形で色を付けていくという特性上、ある程度は仕方のないことでしょう。洗髪をするたびに、少しずつ色が落ちていくのです。また、それによって色が完全に落ちてしまわないために、数日おきに使って色を常に足していくような形になります。

日々のシャンプーで徐々に色落ちをするのは仕方がないのですが、洗浄力の強いシャンプーを使っている場合は、特に色落ちしやすくなるので注意したほうがよいでしょう。シリコン入りのシャンプーなどは、洗浄力が高い上に、シリコンでコーティングするという特性から髪の滑りはよくなりますが、カラートリートメントで色が付きにくいともいわれています。できれば、アミノ酸系のノンシリコンシャンプーを使うなどして、色落ちや色素が付きやすいようにしていくとよいでしょう。もちろん毎日何度も髪の毛を洗っているとそれだけでもかなり色落ちしてしまうため、シャンプーは一日一回にとどめておくことも大切です。

白髪染めトリートメントは、色落ちすることも考慮して、最初は3日ほど連続して使い、髪の毛が程よく染まった後も、数日おきに使うようになっています。これは、色落ちして髪が白髪に戻ってしまうのを防ぐだけでなく、根本が伸びて白髪が目立たないように、徐々に色を付けていくためです。トリートメントをする際も、添付している使い方などをよく見て、正しい使い方をするようにしましょう。そうすることで、色が付きやすくなると同時に、色落ちも少なくなります。髪の毛と地肌の健康のためにも、無理な使い方をすることはよくありません。髪に優しく、きれいな髪色をキープするのがヘアカラートリートメントの役割ですから、無理な使い方は避けるべきです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です