白髪染めトリートメント、アレルギーは大丈夫?

ヘアカラーは基本的に肌に刺激を与える可能性がありますから、パッチテストを行うのが一般的です。パッチテストとは、使う染料などを肌が柔らかくて目立ちにくい腕の内側などに少しつけて24時間程度置き、発疹や赤み、痛みなどが出ないかを確認すること。肌が弱い場合や、配合されている成分にアレルギーがある場合などには何らかの症状が現れることが多く、その場合は使用を中止することになっています。

このパッチテストは、ヘアカラートリートメントの場合でも一応行うようになっていますが、一般的には毛染めに比べると肌へのダメージは弱いため、あまり症状が現れることはありませんし、安心して使えるといってよいでしょう。もちろん成分によってはアレルギーがある人もいるので、使用前にはパッチテストをすることは大切です。また、以前使ったことがあってその時は大丈夫だった、という人でも、ちょっと間をあけて使う場合は特に、再度パッチテストをすることをおすすめします。年齢によっては急にアレルギーが現れることもありますし、体調によっては含まれている成分の影響を肌が受けやすい場合もあります。

商品によっては、パッチテスト用に小分けにしたトリートメントが同梱されていたりもするので、面倒がらずにテストしてから使うようにしましょう。それでも面倒だったり、アレルギーがあって使用が心配という場合は、国が指定するアレルギー成分が含まれていないため安心して使える、LPLPのヘアカラートリートメントを使うのもおすすめです。そもそもヘアカラートリートメントは白髪染め用であっても肌に優しいものを使っている場合が多いので、アレルギーが起こることはあまりありません。通常の毛染めは肌荒れを起こすから無理、という人でも使いやすいのがメリットの一つでもあります。とはいえ、肌質によっては合わなかったりアレルギーがある場合もあるので、まずはパッチテストなどで試すことや、合わない場合はすぐに使用を中止して様子を見たり、場合によっては医師に相談することも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です